王子と姫が何処かへ行こうとしている、そこに何者かが姿を現した!

と、おもったら…

悪魔が王子と姫の行く手を遮り魂を喰らおうとしてるという芝居だった。しかし演技は中断される


悪魔役

「ちくしょー!ギルバートめ!わざと俺の演技にいちゃもんつけやがって!」などとぼやき

演技が下手で本当の悪魔のような演技がしたいと言う。

しばらくしてそこにホンモノの悪魔が現れた

「お前がチカラをかせといった」と。そしてそのまま魂を奪うのかと思いきや…気絶?させられていた(カーテンの後ろに足だけみえるように^^)

タイトルは悪魔の化粧で役の時点では悪魔の被り物だったしここで化粧するわけでもない



しばらくして気配を感じとり駆けつけたベムと悪魔との戦いが始まった(今回はベラはほぼ出番なし)

悪魔はベムの心がよめるために攻撃が当たらない

ベムは言う「逆だ!逆を利用すればいいんだ」

でもこれって逆を考えている事もよまれているんじゃない?って思うな〜^^

それと目を開けていると幻覚をみせられるために目を閉じなければならない。


悪魔は強い

心はよむし幻覚までみせる

「おれは今まで負けたことはない!」…ぐはーってあっけなくベムにやられた^^

まあ戦闘シーンを濃くみせようとすると長くなるしどうしてもあっさりみせるしか無いんだろうけどね



最後に…

一つ面白いセリフがあった。

悪魔がベムに対して「お前も悪魔だろー」って言うんやけど、ベムは「オレはお前とは違う!悪ではない」ってな感じ


きっとベムは正義の悪魔だな^^