• 年間(1/1〜3/3)
  • 全期間
計算式
◎1着➗予想数
◎1+2着➗予想数
◎1+2+3着➗予想数

IMG_3713
年間(1/1〜3/3)までの◎の確率
タオ/メイ
レース数  296/182
◎勝率%  10.8/15.4
◎連対%  25.3/31.3
◎複勝%  38.9/44.5





IMG_3714
全期間の◎の確率
タオ/メイ
レース数  1623/1064
◎勝率%  13.7/16
◎連対%  25.8/30.4
◎複勝%  37.2/41.8


メイの◎は成績が良いので、回収率を無視すれば単複向きかもしれない。






JRAでみてみよう。

2019年度・ルメール
勝率  20.6%
連対  39%
複勝  56%

2018年度・ルメール
勝率  27.8%
連対  45.3%
複勝  58%


2016年ぐらいまでは勝率はリーディング上位でも10〜15%ぐらいで、デムルメが通年免許になってからは20〜25%ぐらいに上がっている。
日本人だと川田、戸崎などが少し対抗可能か。
17.18年のデムルメの連対率は4割なのだから驚異的で、川田の3割以外は福永、戸崎の2割台がいいほう。



短期免許外国人は極端だが、前年だと
マーフィーの勝率は2割、複勝率は5割。
モレイラは勝率3割5分、複勝率6割と抜けている。
騎乗数は少ないが、C.デムーロ、アヴドゥラの勝率は1割台だが、複勝率は3割7分ある。




タオとメイの馬券の成績は戸崎、川田、福永の年間成績に近い。

馬券の◎の勝率を高めるにはデムルメを軸にするといいのかもしれない。
日本人だと川田、福永、武豊など。
馬券的には美味しくないので軸にしてない場合が多いのではないだろうか?
◎ルメール
◎デムーロ
◯川田
▲福永、武豊