タオ&メイのちょっとした日常

2017年9月スタート 競馬・本・絵・日常が主なテーマです

キッカケは楽しかったこと、その時の二人の気持ちや考え方を
ブログというものを通じて残しておきたいとおもいはじめました🦄✨
映画や本、ドラマなどの感想も書きたいけど、
メインは競馬予想になるかな🏇
あと、影の主役は絵です😁🌱🌸絵に関しては
「ヘタでもいいのさ!だって描きたいんだもんっ」
をモットーに続けていきたいとおもいます(^o^)/

G2 報知杯弥生賞


中山 芝2000m


公式データ

☆芝で2勝以上の実績が必要

3勝 (4-1-1-4) 3着内率60%

2勝 (6-7-4-35)          32.7%

1勝 (0-2-5-31)          18.4%

0勝 (0-0-0-19)               0%


☆オープンクラスの芝のレースで

単勝5番人気以内馬の3着内率が

30%を超えている

6番人気以下と不出走組は苦戦。


☆芝のレース初勝利時の2着とのタイム差に注目。(3着内率では)

差なし(0-1-1-18) 10%

0.1〜0.2  (4-5-5-25) 35.9%

0.3〜0.5 (4-3-3-22) 31.3%

0.6〜0.9 (2-1-1-3) 57.1%

1秒以上  (0-0-0-2) 0%

未勝利  (0-0-0-19) 0%


☆win5

過去10年では、デビュー戦で1着または2着、距離では芝1800m以上、単勝人気では2番以内に支持されていた。

以上が公式です。      (河野道夫)


公式で重視したいのは、芝実績組、2勝以上していない馬は消し候補

1勝組

•  シュヴァルツリーゼ

•  ブレイキングドーン

•  メイショウテンゲン

•  ラバストーン

•  ヴァンケドミンゴ

2勝以上組

•  カントル

•  サトノラディウス

•  ニシノデイジー(3勝)

•  ラストドラフト


芝での初勝利時の2着とのタイム差1秒以上(3着内率0%)

•  ナイママ

差なし(3着内率10%)

•  ラストドラフト

残りは3着内率30%超え


候補

•  カントル

•  サトノラディウス

•  ニシノデイジー

•  ラストドラフト

残ったのは4頭ここから印をつけるのはあまりにも極端すぎるかもしれない

弥生賞はG2、前走500万のカントルとサトノラディウスはどうなんだろう

そうなると、前走G1を走っているブレイキングドーンは消せない。

win5に当てはまっているのは

•  カントル

•  サトノラディウス

•  シュヴァルツリーゼ

•  ニシノデイジー

•  ラストドラフト

シュヴァルツリーゼは新馬戦からの参戦なので厳しいと思う


公式の印

◎ニシノデイジー

◯ラストドラフト

△サトノラディウス

△カントル

△ブレイキングドーン


本日枠が出ました。


個人的な意見なら

このコースはルメールが得意なのかもしれないけど

1枠なのが気になる

関西馬のディープで上がりの速い馬カントルを軸にしたい

枠も3枠はすごく良いと思う。


メイの印

◎カントル

◯ニシノデイジー

▲サトノラディウス

△ブレイキングドーン

△ラストドラフト

G3 オーシャンS

中山 
芝1200m
別定・16頭
続きを読む

コース替わりついて 

=芝


————————

中山競馬

1.  1/5〜1/20 Cコース

2.  2/23〜3/24 Aコース

3.  3/30〜4/14 Bコース


続きを読む
カテゴリー
閲覧ありがとうございます にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
History2
  • ◎の確率
  • ◎の確率
  • G1⁇もちかね記念
  • G1⁇もちかね記念
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 10月〜11月11日までのWIN5をみて
  • 11月までのリーディング騎手を振り返ってみる
  • 11月までのリーディング騎手を振り返ってみる
  • 11月までのリーディング騎手を振り返ってみる
  • 11月までのリーディング騎手を振り返ってみる
コメント
メンバー
記事検索
  • ライブドアブログ